Exhibition


2012年

ART NAGOYA 2012

2012.8.4〜8.5

ART NAGOYA 2012
2012.8.4sat〜8.5sun 11:00〜19:00

PREVIEW 8/3fri 13:00〜18:30
招待者、プレスのみ

ウェスティンナゴヤキャッスル 9F エグゼクティブフロア
入場料1,000円
主催:ART NAGOYA 実行委員会
後援:あいちトリエンナーレ実行委員会

この街にはものづくり都市にふさわしく、現代を生きる
アートと共鳴しあう潜在的資源があります。
この夏も、アートを牽引する熱い名古屋がお目見えします。


クリエイターズマーケット

2012.6.3〜7.1

奥村晃史 画集
大絶賛発売中

ポートメッセ名古屋3号館
プロ・アマ問わず、ジャンルも超えて、全国のオリジナル作品・商品が大集合。
中部地区最大級のアート&デザイン&手作りギャラリー&マーケット!
「つくるひとの祭典」


奥村晃史個展 韓国 ソウル gallery imazoo

2012.6.8〜6.23

韓国・ソウル gallery imazoo での個展です。海外の個展ということでいろいろ楽しみにしております。日本から近い国ですが、いろいろな違いもあることでしょう。ギャラリーは非常に素敵で質感高い空間ですので、すばらしい展示になる予定..です。


数学の演奏会 (ありえない領域にこそ夢中になれる)

2012.5.3〜5.4

森田真生・MASAO MORITA

DAY1:5/3@GALLERY MINAZUKI
世界とは、与えられたものではなく、私たちが「生きる」ことで、いままさに刻々とつくられつつあるなにかである。このゼミは、数学を軸に哲学、解剖学、言語学、人工生命等の知見を参照しつつ「人として生きる」ということを、再構成していこうという試みの場です。

DAY2:5/4@SHINGONSYU ZENKOHJI
数学はいつはじまったのでしょうか。長い生命進化の歴史を俯瞰すると、数学誕生の「必然」が見えてきます。人はなぜ数学するのか、数学はいったどこに向かおうとしているのか。愉快な数学者たちの逸話とともに、数学の「記憶」を掘り起こしてみたいと思います。


AIR 新鋭作家4人展

2012.04.07〜2012.04.15

日本画 大竹寛子
洋画 奥村晃史
立体 松岡ミチヒロ
日本画 宮原剛


大竹寛子個展 「かたちの生まれる場所」

2012.3.30〜4.1

アートフェア東京2012 ブースNo.D11
東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール

大竹寛子
1980年 岐阜県生まれ
2006年 東京藝術大学絵画科日本画卒業(卒業制作 帝京大学買い上げ)
2008年 東京藝術大学大学院美術研究科日本画専攻修了
2010年 第19期佐藤国際文化育英財団奨学生(佐藤美術館)
2011年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程日本画領域修了
美術研究博士号取得
現在、東京藝術大学絵画科日本画教育研究助手

主な個展
2009年 「大竹寛子 日本画展 〜metamorphosis〜」(ART GALLERY 水無月)
2010年 「新人選抜L'ESPOIR2010 大竹寛子 個展」(スルガ台画廊)
「蝶の絵画展 大竹寛子」(那覇市ぶんかテンブス館ギャラリー)
2011年 「大竹寛子 個展 〜記憶と残像〜」(ART GALLERY 水無月)